topbotan
topics mankitsu know shoukai syacho syouhinsyoukai          
         
         
webshop

          
       ご注文、お問い合わせ

   Tel 0738-24-0555
   fax 0738-23-5318


(C)2000 MARUFUKU Co.,Ltd.
All rights reserved. Best View with
Netscape Navigator and Internet Exploler
3.x or 4.x this page.



かまぼこの歴史・うんちくなどかまぼこに関する情報を
掲載いたします。

かまぼこの歴史
かまぼこの歴史は古く、神功皇后が三韓征伐の途中、九州生田の杜(現在の小倉)で、鉾の先に魚肉をつぶしたものを塗りつけ、焼いて食べたという伝説があります。この食べ物が蒲の穂(がまのほ)によく似ているところから、「蒲穂子」と呼ばれ、「蒲鉾(かまぼこ)」に転じたといわれます。
文献に登場するのは室町時代になってから。享祿元年(1528年)に著された「宗吾大双紙」には「かまぼこは、蒲の穂に似せたるなり」と記されており、貞享元年(1684年)に著された「雍州府志」には、「はも肉を取って晒し、石臼にこれを摺り塩を加へて、尺許の円竹茎を心となし、外面 円長にこれを塗り、焼いてこれを食す、これを蒲鉾という、されば則ち竹輪は古式にして、杉板に貼るところのものは近世の製造也」と書かれています。

かまぼこの種類
【蒸しかまぼこ】
【蒸し焼きカマボコ】
蒸気で加熱した製品、最もポピュラーなものです。
蒸しカマボコに焼き目をつけたもの
【焼きぬ きかまぼこ】 蒸しカマボコと違って、焼色をつけないように焼きあげる方法を用います。
【いわし天ぷら】

【さつま揚げ】
小魚のすり身(いわし、太刀魚)を油で揚げたもので関西では、天ぷらと呼ばれています。
関西の天ぷらを鹿児島県では、さつま揚げと呼ぶ。
【 焼きちくわ】 串にすり身を巻きつけて焼いたもので、焼き方や形によって大ちくわ・豆ちくわ・野焼き・ぼたん焼きなどいろいろな呼び方があります。 その他、厚やき・すまき・削りかまぼこなど、どの製品にもいろいろ違った味わいがあります。

    さつま揚げ「天ぷら」   紀州焼「焼き抜き蒲鉾