topbotan
topics mankitsu know shoukai syacho syouhinsyoukai          
         
         
webshop

          
       ご注文、お問い合わせ

   Tel 0738-24-0555
   fax 0738-23-5318


(C)2000 MARUFUKU Co.,Ltd.
All rights reserved. Best View with
Netscape Navigator and Internet Exploler
3.x or 4.x this page.
  


丸福に関する新しい情報を掲載いたします。


TeL 0738-24-0555
Fax 0738-23-5318
株式会社 丸福のホームページ             
「ジャンボコ」でおなじみの和歌山県御坊市「丸福かまぼこ」
ホームページにようこそ。    
  

スイープ・トウショー号 「優勝記念の祝賀会に使われました。」


朝日新聞 関西 とりよせ帖 
高級感 味付けで工夫


クエかまぼこ
  一袋・2入り
362円(税抜き)
 真空包装
保存方法1〜10℃
賞味期限40日

お届けには、
商品代金+税+代引送料
となります。

 大物なら体長1.5m 重さ30キロを超えるクエは、釣り人のあこがれの「幻の魚」。独特の淡泊なあじわいは、鍋や刺し身に珍重される。そんな高級魚を使ったかまぼこが、御坊市の食品会社「丸福」で作られている。安政3年(1856)年創業の老舗だ。
 開発をもちかけたのは、クエを町の名物にしている隣の日高町の町職員。約25年前、以来を受けた社長の古久保恭一さん
は「高価になるのて無理」と初めは渋ったが「町おこしのためにぜひ」と口説かれ、引き受けた。
 実は、すり身の原料は大半がタラ、エソなど一般的な魚。
クエは小ぶりな養殖ものをつかっているが、それでも一匹2万円前後もするのてたくさんは入れられない。ポイントは味付け。
クエのあらの煮汁で特性エキスを作って冷凍保存しておき、これを製造時に混ぜる。さらに、クエらしい高級感を出すため、形
を似せて固め、蒸したあとに茶色い焼き目をつける。
 食べて即座に「これがクエ」とわかる味ではないが、雰囲気は
だせたかな」と古久保さん、紀州のクエを食べに来てくれるきっかけなれば、と期待する。
 
朝日新聞 記事より

クエ 「九絵」 魚ヘンの無い漢字

ハタ科の海産の硬骨魚。体長は1mに達する茶褐色の体側に6本の暗色黄帯があるが、老成魚では消失する。関東以西の岩礁域に分布。

近年、養殖も可能になりました。